食育アドバイザーという資格が私に与えてくれたもの


そもそも、食育アドバイザーって?

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
6月 18, 2015 at 5:50 PM

ここで、食育アドバイザーという資格について、少し触れておきたいと思います。

かなり簡単に言えば、食育アドバイザーは、食に関する知識を有する人のことです。

料理や栄養など、食全般の知識を、資格勉強をする過程で学ぶことができます。

だから、主婦の方はもちろん、より専門的な職業、例えば栄養士や給食を作る仕事などについている人にとっても、非常に人気のある資格となっているようです。

先述しましたように、その「取りやすさ」

も、人気に拍車をかけているようですね。

人気に拍車をかけている、ということはつまり、それが社会的にも広く認知され、また資格の中でも評判の良いものとして扱われている、という裏付けでもあります。

だからこそますます人気が出る……というわけですね。

また、日常生活にすぐに生かすことができる、というのもありがたいです。

食育アドバイザーの資格は、「食育」

というくらいですから、例えば家族の健康を考える上でも非常に重要になってきます。

また、食育アドバイザーは、食全般の知識の「基礎の基礎」

を学ぶことができます。

つまり、知識の土台を強固なものにできるので、次に生かしやすい、具体的には別の関連した資格を取得しやすいというメリットもあります。

知識の基盤となる部分を網羅的に勉強することができます。

つまり、一般的な知識を徹底的に学ぶことができるんですね。

専門的になり過ぎないというのも、食育アドバイザーの手軽さ、人気の理由でしょうね。

そうはいっても、例えば学校で食育について指導するような立場にある方が取得する、という話もありますから、「一般的」

とはいっても、それなりに有用な、教育の場でも十分通用する知識なのでしょう。

そしてそれは、食育アドバイザーの資格勉強を通して、私自身が実感したことでもあります。

最後に、資格取得をさらに容易にしてくれるものに、通信講座があります。

質が高いわりに値段はリーズナブルで、カリキュラムの自由度も高く、忙しい方にもオススメです。